カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

女性の視点からのAPEC 

Author:女性の視点からのAPEC 
2010年11月13日、14日に開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議にむけて、APECの女性への影響について話し合い、行動に結びつけるためのフォーラムです。2010年11月14日(日)にフォーラム開催を目指して活動中です。

最新記事
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
11月14日 女性の視点からのAPECに集まろう ご案内
今年は、日本でAPEC(アジア太平洋経済協力)会合が開催されています。このAPECでは、経済成長が主要な課題となっており、女性の活用をした経済成長という路線が、日本政府だけでなく、世界銀行や世界経済フォーラムでも提示されています。女性が社会・経済活動に男性と平等に参画できること自体は悪いことではありませんが、新自由主義経済の枠組みが変革されず、また、ジェンダー平等や性別役割分業が解消されない限り、このような女性を利用した経済成長は女性の負担をさらに重くするだけです。また、APECの目指す自由貿易の枠組みでは、途上国国家は、多国籍企業の経済活動を促進する負担を負い、その代わり女性たちの人権や社会保障をする機能を奪われていきます。農業や小規模事業に携わる女性たちは競争が困難になり、女性労働者の賃金や団結権や労働条件の切り下げがおき、また、自由貿易は人身取引や強制的な人の国際移動を誘発します。また経済活動と表裏一体にある、軍事化・安全保障は女性から安心・安全な生活を奪い、基地周辺の経済はゆがめられています。このような視点から、APEC首脳会合が開催される11月14日に横浜で、『女性の視点からのAPECに集まろう』を開催します。是非ご参加ください。

下記は転送可です。お誘いあわせの上、ご参加ください。 


女性の視点からのAPECに集まろう 

『女性の視点からのAPEC』

…考えてみよう、話してみよう
「自由貿易」、「成長戦略」、「軍隊・基地と経済」、「公正な社会のあり方」について…

              日時 2010年11月14日(日)13時~16時
              場所 かながわ県民センター 
               神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0051/center/access.html

パネリスト 
① Jean Enriquezさん
(フィリピン・世界女性行進、CATW-AP)
 世界女性行進の活動、VFA、米軍・基地の問題、人身取引等人の移動の問題、気候変動についての公正などの分野で活動。
② 高里鈴代さん(「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会 共同代表」)
 沖縄での軍隊・軍隊と経済の問題、女性に対する暴力や買春産業や貧困の課題から、 女性運動や平和運動の国際連帯・ネットワーク。
③ 高橋マス子さん (農民運動全国連合会女性部副部長)
  FTAによる農業と食料主権への影響、日本政府の成長戦略と女性への影響と役割
④ 川田忠明さん(日本平和委員会常任理事)
  世界の中での日本の安全保障、「公正な社会」とは

総合司会  榎本よう子さん(日本婦人団体連合会事務局長)
通  訳  平野恵美子さん(新日本婦人の会)
コーディネーター  鈴木ふみさん(すぺーすアライズ)

参加費 13日および14日「いらない!APEC(横浜民衆フォーラム)」を通して1000円

会場発言として、APECに関するテーマを広く発言します。自由貿易協定、多国籍企業、菅政権の問題点。農業問題 環境・気候問題 「慰安婦」問題などを予定しています。

主催団体: 日本婦人団体連合会、すぺーすアライズ、男女平等をすすめる教育全国ネットワーク  

賛同団体(賛同費一口1000円)                
協力団体 People’s Health Movement日本支部、
     新しい公共をつくる市民キャビネット男女平等部会

賛同団体、協力団体募集中

連絡先  すぺーすアライズ
Tel 047-376-6556 / Fax 047-320-3553 E-mail allies@crux.ocn.ne.jp

「女性の視点からのAPEC」関連ブログも開設しています。
アドレスは次の通りです。http://feministforum.blog102.fc2.com/ 

スポンサーサイト
賛同と参加の呼びかけ | 【2010-12-31(Fri) 21:53:13】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
女性の視点からのAPECフォーラム2010

見直そう「自由貿易」
見直そう「成長戦略」
見直そう「軍隊・基地と経済」
「公正」の話をしよう

うまい話にご用心


2010年11月13日、14日、横浜市にて、APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議が開催されます。

APECは、「自由で開かれた貿易・投資」の実現を目的にしています。

しかし、この「自由で開かれた貿易・投資」は、すべての人に平等に恩恵をもたらすのではなく、

また、「自由で開かれた貿易・投資」の実現のためには、多くの暴力や軍事力の行使が引き起こされ、

女性たち、特に貧しい女性たち、途上国の女性たちの生存や人権を脅かします。

11月14日(日)、このようなAPECの女性に対する影響について話し合い、行動の基点とするための集まりを開催します。

是非お集まりください。


フォーラムの趣旨 | 【2010-12-13(Mon) 23:59:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ジーン・エンリケさんの最近の記事

ジーン・エンリケさんの最近の記事紹介します。
出典は下記です。
http://opinion.inquirer.net/inquireropinion/letterstotheeditor/view/20101030-300524/SC-harassing-UP-law-faculty

SC harassing UP law faculty



Philippine Daily Inquirer
First Posted 01:02:00 10/30/2010

Filed Under: Crime and Law and Justice, Women


I WAS a young woman when Lola Rosa Henson came out in 1992 as a victim of the sexual slavery perpetrated by Japanese military soldiers during World War II. A few months later, lawyers from Japan came to gather information from other elderly women who were coming out to file a case against the Japanese government. I helped translate the stories of the grandmothers as the Japanese lawyers interviewed them.

They narrated that many of them were from 12 to 16 years of age when they were forcibly taken from their communities to the soldiers’ barracks. On the very same day that they were abducted, 10-15 soldiers lined up to use each of them sexually. And they suffered the same ordeal in the countless days hence.

When they came out in the media during the early 1990s, they told us how some of their families rejected them, indicating the public stigma victims of sexual violence suffered.

It has been almost two decades since they came out and the “lolas” have yet to see justice. On November 23, it will be 66 years since the Japanese soldiers ransacked their homes in Mapanique and brought them to a “red house” to be used as “comfort women.”

More recently, the Supreme Court denied the Filipino women’s demands for the Philippine government to espouse their claims for reparation from the Japanese government. Worse, in so doing, the Supreme Court misused the works of international legal scholars and went further to threaten the UP Faculty of Law with sanctions for exposing the misuse. It outrages us feminists that the highest court of our land is harassing the UP law professors, who were only voicing the truth in behalf of the women victims of sexual slavery. The Supreme Court is showing its patriarchal face by denying justice to the victims of sexual slavery, justifying plagiarism for the “lack of malicious intent” on the part of the ponente and, as dissenting Justice Conchita Carpio Morales said, by “flexing (its) judicial muscle” against the law professors.

I enjoin the academic community to protest this grievous misconduct, which would set a dangerous precedent for intellectual dishonesty. I call on other women’s groups to rally behind truth, reason and justice as argued by the UP Faculty of Law. Finally, I call on our executive and legislative branches of government to take up where our Supreme Court failed, securing justice for the women victims of sexual slavery. President Aquino is due to leave for Japan to attend the 18th APEC Economic Leaders’ Meeting. We will expect him to take the plea of the comfort women definitively with his Japanese counterparts.—JEAN ENRIQUEZ, Executive Director, Coalition against Trafficking in Women-Asia Pacific (CATW-AP), and National Coordinator, World March of Women, 116 Maginhawa St., Teachers’ Village, Quezon City


未分類 | 【2010-11-05(Fri) 22:53:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
11月7日は~第2回:あるこうよ・むらさきロードパレード ~
11月7日は~第2回:あるこうよ・むらさきロードパレード ~があります。
すぺーすアライズも宣伝や企画に携わっています。ぜひご参加ください。

昨年に引き続き、DVや性暴力被害をなくそうとする女性たちとともに、表参道の公道で女性と子どもへの暴力防止を訴えるパレードを行います。パープルリボン(女性への暴力防止)とオレンジリボン(児童虐待防止)にちなんで、パレードのテーマカラーは「むらさき」と「オレンジ」です。当日は身に付けるものに、この色を選んでいただけたら幸いです。その思いは「なんで私たち隠れなきゃいけないの、堂々と街を歩きたい!」です。みなさまに持ってきていただきたいものは、安心で自由な社会をつくるための「希望」です。ご一緒に、新しい未来に向けた一歩を歩きだしましょう。ご自身でプラカードなど、ご準備ください。

なお、当日の会場では、「あるこうよ むらさきロード」オリジナルTシャツやサバイバー・ボランティアスタッフ手作りのマスクやリボンなどのグッズ、「ボディショップ」より貸出しされるかつらやコスチュームなどの仮装グッズもあり、楽しいパレードのための準備をしております。実行委員側でも、思いのたけのメッセージボードや、旗もご用意しております。

パレードの趣旨に賛同される方、さわやかに大勢で仮装を楽しみたい方、世の中に伝えたい言葉がある方、どうぞお集まりください。

実行委員会一同、心より、多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

開催日時:       2010年11月7日(日) 

11:00       受付開始(ウィメンズプラザ2F第一会議室)

11:00-12:30 変身準備

12:30       ごあいさつ

13:00~14:00 パレード行進

14:30~16:00 交流会ウィメンズプラザ2F第一会議室)

16:00       解散

開催場所:国連大学前路上→表参道→神宮前区民会館(休憩)

参加費:500円(こども無料)

問い合わせ:むらさきロード実行委員会

arukoumurasaki@yahoo.co.jp

昨年の様子がわかるブログはこちら→http://arukoumurasaki.blog37.fc2.com



未分類 | 【2010-11-05(Fri) 22:47:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
11月12日(金)15:30~17:30 大阪でも講演があります。
講演名
「フィリピン 女性行進」ジーン・エンリケさんに聞く
世界の女性たち・米軍基地・気候変動

日時  11月12日(金)15:30~17:30              
場所  新日本婦人の会大阪府本部会議室            
(地下鉄谷町線谷町6丁目3番出口下車南へ3分 新谷町第2ビル2階)
 TEL 06-6761-0182
主催 おおさか女性行進事務局(新日本婦人の会大阪府本部・大阪YWCA)


未分類 | 【2010-11-05(Fri) 22:14:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
賛同団体/個人
主催団体: 日本婦人団体連合会、すぺーすアライズ、      男女平等をすすめる教育全国ネットワーク   賛同団体(賛同費一口1000円)                 協力団体 People’s Health Movement日本支部、 アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam) 新しい公共をつくる市民キャビネット男女平等部会 賛同団体、協力団体募集中
賛同の申込
◆賛同申込 FAXの場合は 賛同文
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。