FC2ブログ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

女性の視点からのAPEC 

Author:女性の視点からのAPEC 
2010年11月13日、14日に開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議にむけて、APECの女性への影響について話し合い、行動に結びつけるためのフォーラムです。2010年11月14日(日)にフォーラム開催を目指して活動中です。

最新記事
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
スペースアライズ fax 047-320-3553 allies@crux.ocn.ne.jp

スポンサーサイト
賛同団体リスト | 【2010-09-23(Thu) 21:06:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
COP10に向けた取り組み(紹介) 
今年10月に、生物多様性条約(CBD)第10回締約国会議(COP10)
が名古屋で開催されます。

生物多様性は、先進諸国が進めてきた開発により危機に瀕しています。
生物多様性の保全に大きな役割を果たしてきたのは女性であり、
その危機により大きな被害を受けているのも女性です。
生物多様性とジェンダーのメインストリーミングを掲げ、
NGOによるフォーラムを開催します

=============== =============== =============== ===============

「いのちの多様性フォーラムJAPAN」 

http://www008.upp.so-net.ne.jp/w_woman/cbdpage.htm
=============== =============== =============== ===============

 
日時:10月2(土)  10:00から16:30  
場所:ウイルあいち (地下鉄市役所下車)            
主催:ウイル21フォーラム、CBD(生物多様性条約)市民ネット ジェンダーマイノリティ部会
参加無料、申し込み不要

スケジュール
     午前:基調報告/堂本 暁子 「生物多様性の歩みと展望-女性の役割」
        基調講演/ジジ・フランシスコ (DAWN:フィリピン) 「開発とジェンダー」
        DAWN:Development Alternatives with Women for a New Era
     午後:分科会

○第一分科会/生物多様性と 開発・ジェンダー
       パネリスト/ジジ・フランシスコ(DAWN)
              大脇雅子(弁護士、元参議院議員)
              曽我部行子(生物多様性フォーラム)
              羽後静子(ジェンダーマイノリティ部会部会長、中部大)

【内容】今日のグローバルな市場経済は、豊かな自然資源を浪費し、女性や南側諸国を
一方的に利用することで、発展してきたのではないか!?
ジェンダー・開発の視点で、生物多様性を考えます。
CBD市民ネットジェンダーマイノリティ部会が政府機関に提出する変革のための提言
(ポジションペーパー) についてディスカッションを行います。
ポジションペーパー(第二次案):http://www008.upp.so-net.ne.jp/w_woman/position.htm

○第七分科会/女性と政治
        パネリスト 岩本美砂子(三重大)神永れい子(クオータ制の実現をめざす会)

【内容】女性の解放が,地球環境保全や生物多様性に反するこれまでの社会を増長しては
本末転倒です。持続可能社会形成には欲望解放と共に自制力ある女性の地位向上が必要です。
すべては男女平等から。

☆ワーキングウーマンは、第一分科会を共催、第七分科会を後援
以下分科会詳細は
http://www008.upp.so-net.ne.jp/w_woman/cbdpage.htm

第ニ分科会:女性と環境行政、
第三分科会:ビオトープが育む命と心
第四分科会:名古屋をフェアトレードタウンにしよう、
第五分科会:無縁社会の現実
第六分科会:SWEDEN 人格形成の原点
第八分科会:名古屋に漁村があった!?
写真展:アジアの笑顔にまなぶ(長谷川友子)


=============== =============== =============== ===============
以上 連絡先:cbdgender@hotmail.co.jp
=============== =============== =============== ===============



未分類 | 【2010-09-20(Mon) 10:01:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
第21回APEC閣僚会議共同声明(2009) 女性分野の抜粋(参考)
第21回APEC閣僚会議共同声明(2009(平成21)年11月11日~12日)(仮訳)7分野別イニシアティブ 女性

我々は,特に現下の経済環境における女性の経済上の安全を促進するために目標とする政策及びプログラムに投資することを通して男女平等及び女性のための経済機会を最大化することについて,シンガポールにて開催された第7回男女共同参画担当者ネットワーク(GFPN)会合及び第14回女性リーダーズネットワーク(WLN)会合の双方からの提言を歓迎する。これら提言は,女性による能力構築プログラム,技術及びインフラへのアクセスの促進,非正規で脆弱なセクターにおいて女性のための安全な雇用を促進する支援措置,女性主導の中小企業のための融資へのアクセス及びこれら中小企業の成長,並びに女性のための社会事業への支援を含む。我々は,21世紀の職場で必要な技能取得を支援する2010年数学教育会議において数学教育における男女平等の確保についての将来有望な新しい情報を提供した点で,HRDWG8の取組を歓迎する。

7 http://www.mofa.go.jp/mofaJ/kaidan/g_okada/apec_09/kakuryo_ka.html

8 Human Resources Development Working Group(APEC人材養成作業部会)の略で,1990年に設立され,基礎教育の質の向上,労働市場の情報収集と分析,中小企業における技術の向上など,教育から労働まで幅広い分野における人材養成に関する活動を実施している。



未分類 | 【2010-09-12(Sun) 19:30:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
第17回APEC首脳会議 首脳宣言 (『女性』部分、「セーフティ・ネット」部分抜粋、ご参考)
第17回APEC首脳会議
「成長の持続、地域の連繋強化」
シンガポール
首脳宣言(仮訳)

2009年のシンガポールでのAPEC首脳宣言では、「均衡ある成長(balanced growth)」の支持、「あまねく広がる成長(inclusive growth)」の助長 、「持続可能な成長(sustainable growth)」の促進 を柱として、保護主義への対抗、多角的貿易制度の支持、地域経済統合の加速、経済・技術協力の強化、人間の安全保障の強化、腐敗との闘い、統治及び透明性の向上、APECの強化を含む宣言がなされました。

詳細は下記外務省のホームページよりご覧いただけます。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_hatoyama/apec_09/apec_seicho_ka.html

下記では、社会保障や女性に言及している、あまねく成長の部分を紹介します。
「あまねく広がる成長(inclusive growth)」の助長
 我々は、将来の経済成長がよりあまねく広がるものとなることを確保し、成長によって生み出される機会へのアクセスを拡大し、成長がもたらす利益がより幅広く行き渡るようにすることを決意する。このことにより、我々のエコノミーが、グローバル化によって生まれた機会をよりよくとらえ、その課題に対処することを可能にする。「あまねく広がる成長」は、自由で開かれた貿易及び投資に向けたコンセンサスを強化する。

 APECの「あまねく広がる成長」アジェンダは、進行中のLAISR 2010の下での構造改革に関する取組に基づいて、主に二つの観点から推進される。第一に、社会の全ての層が成長の恩恵を享受する機会を高めるような構造調整に、着手する。以下の具体的分野に重点を置く。

我々は、中小企業(SMEs)を支援し、発展させる。中小企業は、APEC地域における全ビジネスの90パーセント以上を占め、労働者の50から80パーセントを雇用している。我々は、中小企業が世界の市場、技術、及び資金に対してよりよいアクセスを得ると共に危機管理能力を向上させることを支援する。
我々は、雇用の創出を我々の経済戦略の中心に据え、グローバリゼーションがもたらす社会的影響に対処するための協力を促進する。我々は、「労働者」の再訓練、技術向上及び移動を促進し、特に新興産業及び成長産業において雇用を確保することができるようにする。
我々は、女性の経済的な機会を最大化するために、教育、訓練、金融、技術及びインフラへの女性のアクセスを向上させることに焦点を置く。我々は、女性の経済的関与が生産性及び持続可能な成長に及ぼし得る正の乗数効果を増大するための女性企業家に対する継続的なアウトリーチを歓迎する。
 第二に、我々は、我々エコノミーにおける最も脆弱な層に焦点を当て、個人が短期的な苦境を乗り越えるのを助ける一方で、長期的な努力に対するインセンティブを提供する「たくましい社会」を強化する。

我々は、長期的な経済的保障を高めるために、教育及び技術訓練における成果を改善する。
我々は、仕事と企業の振興につながる所得補助又は勤労所得控除を検討する。
我々は、短期的な経済的保障を提供しつつも長期的な依存を防ぐソーシャル・セーフティ・ネットを設計する。
 我々は、閣僚及び実務者に対して、2010年におけるAPECのあまねく広がる成長アジェンダを更に進め、構造改革と中小企業の発展、雇用創出、及びソーシャル・セーフティ・ネットの構築のための能力を構築するための複数年プログラムを発展させるよう指示する。


未分類 | 【2010-09-12(Sun) 16:22:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
韓国:「APECに反対する女性」ワークショップ(2005)の記事紹介
2005年には、「APEC女性議題は女性の声ではない」
[釜山国際民衆フォーラム] - 「APECに反対する女性」ワークショップが開催され、自由化のもとでの女性の貧困化、労働条件の悪化などが議論されました。
詳しくは、下記のレイバーネットのウェブサイトをご覧ください。

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/misc/2005BusanHongKong/1132187722162Staff/view

また、1998年、カナダバンクーバーでのAPECの際にも、「APEC反対第2回国際女性会議」が開催されました。
詳細は、アジア女性資料センター発行 『女たちの21世紀』 14号「APECに女性たちはなぜ反対するのか?」(松井やより著)に記載があります。
http://www.ajwrc.org/jp/

未分類 | 【2010-09-11(Sat) 14:55:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)会合(ご参考)
APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)会合の紹介

APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)会合は、APECに参加する21エコノミーの産業界、学界、行政、民間団体などの女性リーダーからなるネットワークの会合です。
本年はAPECエコノミー議長である日本の東京において、2010年9月19日から21日まで開催されます。
テーマは「女性と経済」に焦点をあてた「女性による新たな経済活動の創造-人・自然・文化を活かす-」。

第15回目となる本年は、女性の活躍があらゆる分野、特に経済分野で進展することで、市場や社会が活性化されていく可能性を、グローバルな視点で追求していきます。

http://www.apecwln2010.jp/ja.html

未分類 | 【2010-09-11(Sat) 14:38:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
第1回APEC女性起業家サミットの開催について(経済産業省)の紹介(ご参考)
第1回APEC女性起業家サミットの開催について

経済産業省ホームページからの紹介です。

本件の概要
10月1日に日本政府、アメリカ政府、日本貿易振興機構が共同で内外の女性企業家を含む総計350名が創業や企業拡大について議論し政策提言を行います。

担当
通商政策局 アジア太平洋地域協力推進室


http://www.meti.go.jp/press/20100820001/20100820001.html

未分類 | 【2010-09-11(Sat) 14:36:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
APEC女性問題担当大臣会合(1998)の紹介(ご参考)
APEC女性問題担当大臣会合
APEC:Ministerial Meeting on Women
1.設立経緯
 1997年11月のカナダ・バンクーバーでの首脳会議で、APECの活動の中心に女性を統合していくための次のステップを決定することを目的として、1998年にフィリピン・マニラで女性問題担当大臣会合を開催するとの提案が承認されました。これを受けて、1998年10月15ー16日にマニラにて第1回会合が開催されました。

2.組織
(1)議長:特段の規定なし

(2)開催頻度:不定期。1998年に1回限りの会合として開催されましたが、2002年の第2回会合の開催をメキシコが提案して承認されました。

3.活動概要
 APECの活動の中心に女性を統合していくための方針決定や、各エコノミーによる取組経験の共有を行っています。

第1回会合(1998年、マニラ(フィリピン))
 経済開発・協力における女性の役割に焦点を当て、3つのサブテーマ「女性と中小企業」、「女性と産業科学技術」、「女性と人材養成」に関する議論を行い、経済発展における女性の役割を強化し、女性をAPECの活動の主流に統合していくことを目指した大臣共同声明を採択しました。同声明には、女性の統合のためのフレームワークを作成すること、また、そのためのアドホック・タスクフォースの設置等の勧告が盛り込まれました(我が方よりは岩男嘉美子男女共同参画審議会会長が政府代表として出席しました。)。

第2回会合(2002年、グアダラハラ(メキシコ))
 「ニュー・エコノミーにおける女性の経済的利益と機会の向上」を主要テーマとし、「女性と起業」、「女性とマイクロ企業」、及び「女性と貿易自由化」を3つのサブテーマとして議論を行い、ジェンダー統合促進の継続、「APECにおける女性の統合のためのフレームワーク」実施に向けたレビュー・評価及び今後の取組に関する勧告を含む大臣共同声明を採択しました。(我が方からは、在メキシコ国・堀村特命全権大使が政府代表として出席、スピーチを行いました。)第2回女性問題担当大臣会合で採択された共同声明の勧告は、2002年10月に開催された首脳・閣僚会議にて歓迎されました。

4.今後の予定
 現在、2006年の第3回女性問題担当大臣会合の開催について検討中です。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/%5Capec/soshiki/bbtd_10.html

APEC女性問題担当大臣共同声明(仮訳)
(APEC首脳に対する勧告部分概要)
http://www.gender.go.jp/apec/kaigou.html

ジェンダーをAPECにおける分野横断的なテーマとして認識すること。女性をAPECのプロセス・活動の主流に統合していくためには、APECにおける全ての計画において、包括的かつ水平的、ジェンダーに配慮したアプローチが必要である。


性別データの収集を優先的に行うこと。APEC域内の人口の半数を占める女性の、現実的・潜在的な貢献を明確に示すために、また、有効な政策決定のために、性別データの収集は不可欠である。


APEC域内の政策・プログラム・プロジェクトの策定、活動、優先順位付け、資源分配、立案、実行、評価に関して、ジェンダーに敏感な視点からの影響分析を行うこと。 APECにおいてジェンダー分析についての活動、手法の開発をすべきである。


金融・経済危機が女性に与える影響についての研究や女性に対する悪影響を最小化するための戦略の開発を優先的に行うこと。また、経済回復・発展のための地域レベル、国内レベルの戦略に女性の利益を明確に反映させること。


APECにおけるプロセス・活動において女性をより主流として進めていくために、「APECにおける女性の統合のためのフレームワーク」を策定すること。右フレームワークは、アドホック・タスクフォースにより1年以内に作成される予定。なお、右フレームワークは、ジェンダーに敏感な視点からの分析についてのガイドライン、性差データの収集、その実行プランなどを含むことが想定されている。


APECのあらゆるフォーラムにおいて女性の参画を促すこと。特に決定レベルでの関与が重要である。


これらの勧告の実施をモニターし、確実な成果を収めること。 APEC女性問題担当大臣会合は先例のない初の試みであることから、確実に成果を収めるための仕組み作りが必要である。
APEC Ministerial Meeting on Women


未分類 | 【2010-09-11(Sat) 14:33:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
APECフェミニスト・フォーラム2010のブログを始めます。
APECフェミニスト・フォーラム2010のブログを始めます。
これから多くの情報を掲載していく予定です。
どうぞよろしくお願いします。

未分類 | 【2010-09-11(Sat) 11:42:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
賛同団体/個人
主催団体: 日本婦人団体連合会、すぺーすアライズ、      男女平等をすすめる教育全国ネットワーク   賛同団体(賛同費一口1000円)                 協力団体 People’s Health Movement日本支部、 アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam) 新しい公共をつくる市民キャビネット男女平等部会 賛同団体、協力団体募集中
賛同の申込
◆賛同申込 FAXの場合は 賛同文
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。